ピンホールカメラ

自由研究 6

先生こんにちは。
自由研究も今日が最終日になりました。

 

pen作品展を開こう!

自分で作ったカメラで撮って自分で現像して作った私の作品をよかったら見てってください。写真の技術的なとこは大目に見てくださいね。

作品No.1 中国茶カフェ
Pin31

作品No.2 エスプレッソマシン
Pin32

作品No.3 みんなでバーベキュー
Pin33

作品No.4 浜辺でランチ
Pin34

作品No.5 宝箱
Pin35

作品No.6 ファイヤーキング
Pin36

作品No.7 キラキラ
Pin37

作品No.8 パンダちゃん
Pin38

作品No.9 きのこの森
Pin39

作品No.10 さぼてん
Pin40

以上でーす。
日頃ミニ作りに専念できないモヤモヤを解消したくて始めた自由研究ですが、よりによってカメラなんてマニアックな自由研究に最後までお付き合い本当にありがとうございました。毎年お困りの方はぜひ自由研究のネタの参考にどうぞ(笑)

今後も何か撮ったら見てもらうので、よろしくね。

そして私はミニチュアの世界へ帰ります。
先生さようなら。

 

今度はミニチュアカメラとか?作りたい!!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自由研究 5

先生こんにちは。
そろそろカメラの話題に飽きがきませんか?

そこはもう、ひたすら耐えてください(笑)

 

pen実験してみよう!

前回は苦労に苦労を重ねてまともな写真を写すことに成功しました。自由研究で何も研究しないわけにはいかないので今回はピンホールがどんな役目を果たすのか実験したいと思います。

 

camera実験1 大きなピンホール

Pin26
ピンホールは小さくなくてはダメ、の理由を考えてみます。
直径約1.5mmの大きな穴を作ってみました。ちなみに普通のピンホールは直径0.3mm前後くらいです。

まずは普通のちっこいピンホールで撮った写真
Pin28
きれいに撮れました。

1.5mmのピンホールで撮った写真
Pin29
シミみたいに見えるのは現像のやり方がいいかげんだったから(汗)
穴が大きいせいか光がたくさん入ってまっ白な写真になってしまったので見やすく加工してあります。上の写真と比べるとかなりボケてます。これはこれで味のある写真になりましたが。
結論:ピンホールが大きいと焦点が合わなくなります。

 

camera実験2、ピンホールが4つ

Pin27
いつも通りの小さな小さなピンホールが4つあるとどうなんでしょう?

まずはピンホールが1つ
Pin28_2

ピンホールが4つ
Pin30
これも普通のピンホールに比べて光が入りすぎてしまったので見やすく加工しました。何というか、乱視の人間は普段でもこんな感じに見えます(私は乱視です)。像が何個も重なって見えますね。ピンホールの間隔をもっと離したらおもしろい写真が撮れそうな予感がします。
結論:4つのピンホールはそれぞれ単独で機能します。

 

pen今日のまとめ

くっきりと美しい写真が撮れるのは一つ穴の小さなピンホールですが、ピンホールを大きくしたり、いくつか並べることによってものの見え方に違いが出ることがわかりました。穴の面積が大きい分、光がたくさん入ってくるので撮影時間は短くていいようです。つまりピンホールカメラは工夫次第でいろいろ遊べる楽しいカメラなんです。

ブラボー!ピンホール!!!

 

(大人のくせにこれだけ?)

 

夏休みの自由研究の発表もいよいよ終盤です。
ラストは私の楽しくもない作品展をお楽しみください。

それではまた来週~。

 

それ終わったらミニチュア?ミニチュア?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自由研究 4

先生こんにちは。
お待たせしました、いよいよ撮影してみたいと思います。

 

pen撮影してみよう!

ピンホールカメラは普通のカメラみたいに一瞬で写せるものではなく、ある程度光がカメラに入るまでシャッターを開けておく必要があります。つまり被写体は動かないものが適してます(ポチは撮れません・・・)

シャッターを開けておく時間は
・カメラの大きさ(深さ)
・明るさ(天気)
の2点を考慮して決めます。

まずは本を参考に時間を決めます。私のカメラだと快晴で30秒~40秒、暗い日だと9分~10分だそうです。あいにく夜しか手があいてなかったので部屋の明かりを全部つけてやってみました。わりと明るいような気がします。

Pin19
撮影できる範囲は緑色の中です。
被写体に合わせてカメラの位置を決めます。

何を撮ろう?

やっぱりミニチュア!自分で作ったミニチュア!!!
いつもの一眼レフでさえマクロレンズ付けないとうまく写らないけど、ピンホールカメラだとどんな風に写るんでしょうか?
Pin18
こんなマヌケな撮り方してますが(笑)

まずは1分。
何か写ってるかな?










・・・・・・まっ白!

そんなありきたりなオチでいいのか私orz

2分3分と時間を増やして撮影しても、まっ白。
ピンホールがちゃんと開いてるか何度もチェックしても、まっ白。
まっ白ってことは、何も写ってないってこと。
印画紙に光が当たってないってこと。

ヤケクソ気味に時間を長くして5分
Pin20
おっ!見える!何かがうっすらと見えるぞ!!!

ちょっと気を良くして10分
Pin21
見えないとは言わせない。

希望を持ちながら15分
Pin22
テーブルもお皿も茶筒も見える見える♪
これはまだネガの状態なので、ポジに直すとかなり暗いですね。

最後は昼間に蛍光灯をガンガンに当てて30分撮ってみた。
Pin23

どうよ

あーはははは!笑いが止まらない!
いい感じの白黒加減。小物も見える。
これはそこそこ成功って言えるんじゃないでしょうかshine

だけど30分もかかるってどうよ?

・・・とまあ、最初からうまくいくはずもなく苦労しながら撮れるようになりました(どんだけ印画紙ムダにしたことか)写真の完成度はイマイチだけど満足です。光と時間と自分のカメラの癖を覚えることが第一ですね。

ちなみに晴れた日の屋外で2分
Pin24
「顔っぽい家」
あっという間に撮れました。明るいっていいな。

 

写真が撮れるようになったので
次回はちょっと実験してみたいと思います。

それではまた来週~。

 

せんせー!撮れましたーheart04

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

自由研究 3

先生こんにちは。

昨日大変な目にあったポチですが、夜もよく眠って今日はいつも通り食欲モリモリで元気です。お騒がせ犬です(笑)
20090905_1
「あー食った食った!」
いい気なもんです。

 

それでは、自由研究の続きを。

カメラが完成したのでいよいよ撮影です。
でもその前にいろいろと・・・

 

pen撮影の準備をしよう!

写真を撮るには「印画紙」というものが必要です。印画紙をピンホールカメラの中に仕込んで撮影します。印画紙は簡単に言うと感光する紙ですね。普通のカメラはフィルムを使いますが、ピンホールカメラは印画紙がフィルム代わりです。ピンホールカメラでも市販のフィルムを使えるものが作れるらしいのですが、これまたややこしい予感がするので、私は印画紙を使用しました。

Pin14
カメラ屋さんで購入した印画紙です。モノクロです。
ここでいい気になって開封すると全てがパーになります。

なんでかな?


 

pen暗室を作ろう!

フィルムと同じく印画紙は光に当てると感光してしまうので、暗室が必要になります。暗室で使う明かりは暗室用のランプか、赤いセロファンをライトにかぶせて作ることができます。赤い色は安全光といって、印画紙が感光しにくい色だそうです。私は懐中電灯に赤セロファンを巻いて作りました。

Pin15
セロファンは文房具屋さんで購入。

暗室は普通の家には無いので、夜にできるだけ暗い部屋で作業するか、昼間なら遮光カーテンとか暗幕とか利用すればできると思います。私は昼でも閉め切れば真っ暗になる廊下で不気味に作業しましたよ。

赤いライトの下といっても印画紙に強く当てると感光してしまうので、ライトは少し遠くに置いて、ちょっと暗すぎるかな?ってくらいでも目が慣れてくると見えるようになります。

暗室なんて・・・ホンモノっぽい。かっこいいheart04

印画紙を使うときには必ず暗室で作業します。
カメラに入る大きさの厚紙を用意して、暗室の中で同じ大きさに印画紙をカットします。裏表を間違えないように印画紙をカメラに入れたら、印画紙ホルダーを入れてフタを閉めます。カメラが隙間なく閉まるようにゴムバンドをはめたら、撮影の準備完了です。

 

pen現像って何すればいいのー?

もちろん撮影してから現像するわけですが、先に説明しておきましょう。

わからないからって見て見ぬフリをできないのが現像だ。カメラだけ作ればいいや的な考えは甘かったことに気付きました。だんなが大学のときにちょこっと写真をやってたので聞いてみた。
現像ってどうやるの?
「A液につけて、B液につけて、なんとかいう液に・・・」
は?
「学校にあったからわかんない」
あ・・・そう。

自分で調べました。

必要なもの
・現像液
・停止液(酢酸だけど水で代用できるらしい)
・定着液
・パッド3枚(食品トレーで代用)
・ピンセット(わりばしを使いました)
・ビーカー(ペットボトルで大体のところを量りました)
・液温計(持ってないので使わなかった)

Pin16
現像液(右)と定着液(左)
印画紙と同じくカメラ屋さんで購入。価格もお手頃です。助かった。

まずは薬品を作ります。薬品は液体と粉ですが、どちらも取説に従って適量を水に溶かしてペットボトルに入れておきます。ペットボトルには間違えないように薬品の名前を書いておきます。薬品はそれぞれ混ざらないように、ピンセット(または割りばし)はひとつの薬品につき1本用意します。間違っても手で直接触らないほうがいいと思います。

全ての作業を暗室で行います。
パッドに3種類の薬品を入れます(停止液は水で代用)。
写真がちゃんと浸かる程度に入れます。
Pin17
暗いから写真は撮れなかったけど。

手順は
1、撮り終えた印画紙を現像液につける。端の方を持って液の中でゆらすようにするといいらしい。みるみるうちに撮ったものが浮かび上がってくるので楽しいです。いい感じの濃さになるまで浸します。色が薄いからって何分も浸けておいても無駄です。それは失敗作です。
2、停止液に入れて現像液を中和(?)させます。ほんの少しで大丈夫です。
3、定着液に5分ほど入れておきます。定着液に入れたら電気をつけても感光しませんよ。
4、出来上がった写真はなんだかヌルヌルしているので、水をちょっと出しながら10分くらい放置しておきます。
5、水気を切って乾燥させたら完成です。

本当なら液の温度とか、薬品の分量とかもう少しきちんと量るといいんでしょうけど、現像の作業は思ったより時間もかからなくて簡単でした。写真は1枚ずつ撮りながら黒い箱の中に保管して何枚かまとめて現像しました。

dangerここまでの現像はまだネガのままです。出来上がったネガに光を当てて、もう一度現像してポジにする作業っていうのもあるんですが、私は一切無視してPCでポジに直しました。なぜって・・・めんどくさいから

書いてて気づいたんですが、現像に使うパッドは大きめのタッパー使ったらいいんじゃないかと思いました。使うときにパカっと開けて、使い終わったらフタしとくだけだしね。気付くの遅いよ私!

現像もわかったということで、もう怖いものなしです(たぶん)

 

それでは撮影はまた来週~。
(まじですか!)

 

ちなみに最近の私の更新は犬とカメラだけ。
完璧に畑違い・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自由研究 2

先生こんにちは。

今日はだんなが出張でいないからポチと子供とのーんびり過ごすはずだったのに・・・またポチが痙攣しちゃいました。ここのところ薬が効いててずっと調子良かったのに「なんでまた?なんで今日?」って聞きたくなりますよ・・・トホホ。私の冷静かつ迅速な処置で何とか乗り切ったものの、何か気に入らないのか、どこか痛いのか、夜になってすごく鳴いてました。やっと眠ってくれたのでコソコソと記事でも書くことにします。

 

pen本体を作ろう!

前回ピンホールを作ったので、次は本体を作ります。普通のカメラみたいに中にあんなものやこんなものがぎっしり詰まってたらピンホールカメラとしては失格です。決め手は真っ暗な何もない空間。

用意するもの
・空き箱、空き缶など
・厚紙
・つやけし黒スプレー
・カッター
・黒いビニールテープ
・黒フェルト

とにかく黒にこだわりましょう。ピンホール以外の場所から光が入ったり反射したりしないようにするためです。箱は隙間なくピタッとフタできるものならなんでも使えます。空き缶も同じです。

内側を黒スプレーで真っ黒に塗ります。
黒ければハケで塗っても大丈夫。
Pin01
フタの中心を2~3cmくらいの四角にくりぬいておきます。

表からピンホールが真ん中になっているか確認しながら、裏に黒テープでピンホールを貼り付けます。
Pin05
見えないところなので適当に・・・隙間なくピタッと。

フタを閉めたときに光がもれないように黒フェルトを貼ります。
パッキン代わりですね。
Pin06
うちには赤フェルトしかなかったよ・・・ぷ。

 

pen印画紙ホルダーを作ろう!

中に入れた印画紙がズレないようにホルダーを作りました。
印画紙についてはのちのち説明します。

Pin07
箱の中に収まるように厚紙をこんな感じに加工します。
印画紙を固定できれば何でもいいと思います。
白い厚紙なら黒く塗りましょう。

Pin08
箱に印画紙を入れてホルダーをセットすれば、印画紙がズレません。このやり方だとホルダーの場所はなにも写らないので縁のある写真になります。面倒なら両面テープで付けるだけ、とかもありだと思います。

 

penシャッターを作ろう!

シャッターはもちろん手動です。写すとき以外は閉めておきます。

Pin09
開け閉めできれば何でもいいと思います。本を見ながら厚紙で真似て作りました。開閉がスムーズにできるか確かめておきましょう。というか、楽しくて何度も開けたり閉めたり・・・ムフ。

トイカメラ風にshine
Pin10
実験用にもうひとつカメラを作りました。

空き缶を使って作ったカメラなら、シャッターはガムテープなどで代用できます。写すときに剥がして、撮り終わったらまた貼り付けるだけです。

 

pen先生、完成しました!

Pin13
こんなショボイカメラがこの世にあるのでしょうか?(見た目がね)
欲張って大きいやつは息子の作品です。ファイルにいろいろまとめて科学作品展に応募したらしいです。っていうか、私の自由研究をパクられた感じ・・・

 

さて次回はいよいよ撮影かな?
また来週~(ポチ次第)

 

アイスクリームとか作る予定じゃなかったか?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自由研究 1

先生こんにちは。
今日から自由研究の発表をしたいと思います。
しばしお付き合いください。

先日は久しぶりに記事書いたのに一気に皆さんにコメントをいただけて、私はまだ過去の人間になってないなと実感致しました(笑)ありがとうございます。私も皆さんを思い出さない日は一日もありませんよ( ´;ω;`)

それでは元気に行ってみよー!

 

penテーマを決めよう!

基本はお金がかからないこと。
手軽にできて楽しいこと。
時間に縛られないこと。

いろいろ調べた結果、意外に簡単に作れそうなのでピンホールカメラを作ることになりました。これならポチの傍らでも作業できますよ。息子も道連れにしようと手伝わせたけど、中学生の夏休みは忙しいらしくて全く役に立たない助手でした。結局、孤独を味わいながら作りました。

というわけで、テーマは「ピンホールカメラを作ろう」です。

 

penピンホールカメラを知ろう!

ピンホールカメラって何よ?ってことで、私もよくわからないのでネットで調べ、本で調べ、なんとなく理解できました(なんとなく、かよ!)

一般的なカメラはレンズを通して物を写します。ピンホールカメラは小さな針穴(ピンホール)だけで写真を撮ることができる不思議なカメラです。小さく開いた一点からだけ強く光が入ってフィルムに写るってことなんですね。穴から入った光はまっすぐに進むので、上のものは下へ、下のものは上へ、反転して写ることになります。
Pin12
めっちゃ簡単に描くとこういう原理です。
・・・わからないですよね。

私もよくわからないんですよ(笑)
へ理屈は置いといて、作ることにします。

 

penピンホールを作ろう!

ピンホールカメラの命、ピンホールを作りましょう。
とにかくビールでも飲みましょうか~。

用意するもの
・薄いアルミ板
・待ち針
・サンドペーパー
・黒ペン

酔いがさめてから。

缶ビールを飲み干したら3cm角くらいにチョキチョキ切ります。
表面に軽くペーパーをかけておくと後で楽です。
Pin02
待ち針の先で「これ以上小さな穴は開けられないわ~」ってくらい小さな穴をあけます。待ち針をズボッと刺してしまうと大きな穴になってしまうので、先でちょこっと開けるだけです。

針穴が小さいとシャープな画像に、針穴が大きいとボケた画像になります。
Pin03
拡大するとこんな感じです。
明るいところに向けて光が入ってくるのを確認します。

ペーパーでバリをとって、黒ペンで黒く塗ります。
Pin04
黒く塗らないと、箱の中で光が反射して上手に写らないんだと思います。
乾いたらもう一度同じ針の先を回して穴をきれいに丸くします。
虫眼鏡とか使ってきれいな丸い穴になってるかチェックします。

はい、ピンホールの完成です。
試しに何個か作りました。

 

今日はここまで、また来週~(ほんとに来週?)

 

本当はミニが作りたい私。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お久しぶりです!

皆さんお久しぶりです。

ミカです。覚えてますか?

気がつけばお盆も終わり、そして夏休みも終わってしまいます。大して暑くなく夏らしくもない夏をいかがお過ごしでしょうか?私はといえば、ノートの調子が悪かったり肩を痛めてたり休みといった休みもなく、子供に犬に振り回されて何が何だかわからないような毎日を過ごしてます。まあ元気なんですけどね。一日があっという間、一週間があっという間、一か月があっという間です。こうやって年老いてゆくのでしょうか・・・

 

dogきょうのポチ

20090828_1
「ミカさんや、わしの飯はまだかの?」
はい、めっちゃ元気です!

ちょっと前まで良くなったり悪くなったりを繰り返してたものの、おかげさまで今はすっかり元気になりました。食欲も旺盛で困るわー。太らないけどう○ちがたくさん出て困るわー(笑)

倒れてからもうすぐ5ヶ月、犬が歩かないとこうなります。
20090828_2
肉球の間からフワッフワの毛がワッサワッサ生えてます。
お手入れしてあげたいけど、これを触ると癒されるのーheart04

 

wrench禁ミニチュア

自分の部屋に籠れないからミニチュアも落ち着いて作れない!

ちょうど夏休みってことで自由研究をやってみました。
20090828_4
発表する場所もないので次回からここで発表することにします。

ミニを再開できる日は来るのでしょうか・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)