« 自由研究 4 | トップページ | 自由研究 6 »

自由研究 5

先生こんにちは。
そろそろカメラの話題に飽きがきませんか?

そこはもう、ひたすら耐えてください(笑)

 

実験してみよう!

前回は苦労に苦労を重ねてまともな写真を写すことに成功しました。自由研究で何も研究しないわけにはいかないので今回はピンホールがどんな役目を果たすのか実験したいと思います。

 

実験1 大きなピンホール

Pin26
ピンホールは小さくなくてはダメ、の理由を考えてみます。
直径約1.5mmの大きな穴を作ってみました。ちなみに普通のピンホールは直径0.3mm前後くらいです。

まずは普通のちっこいピンホールで撮った写真
Pin28
きれいに撮れました。

1.5mmのピンホールで撮った写真
Pin29
シミみたいに見えるのは現像のやり方がいいかげんだったから(汗)
穴が大きいせいか光がたくさん入ってまっ白な写真になってしまったので見やすく加工してあります。上の写真と比べるとかなりボケてます。これはこれで味のある写真になりましたが。
結論:ピンホールが大きいと焦点が合わなくなります。

 

実験2、ピンホールが4つ

Pin27
いつも通りの小さな小さなピンホールが4つあるとどうなんでしょう?

まずはピンホールが1つ
Pin28_2

ピンホールが4つ
Pin30
これも普通のピンホールに比べて光が入りすぎてしまったので見やすく加工しました。何というか、乱視の人間は普段でもこんな感じに見えます(私は乱視です)。像が何個も重なって見えますね。ピンホールの間隔をもっと離したらおもしろい写真が撮れそうな予感がします。
結論:4つのピンホールはそれぞれ単独で機能します。

 

今日のまとめ

くっきりと美しい写真が撮れるのは一つ穴の小さなピンホールですが、ピンホールを大きくしたり、いくつか並べることによってものの見え方に違いが出ることがわかりました。穴の面積が大きい分、光がたくさん入ってくるので撮影時間は短くていいようです。つまりピンホールカメラは工夫次第でいろいろ遊べる楽しいカメラなんです。

ブラボー!ピンホール!!!

 

(大人のくせにこれだけ?)

 

夏休みの自由研究の発表もいよいよ終盤です。
ラストは私の楽しくもない作品展をお楽しみください。

それではまた来週~。

 

それ終わったらミニチュア?ミニチュア?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

|

« 自由研究 4 | トップページ | 自由研究 6 »

コメント

おおっ!
素晴らしいです。
キチンと比較実験してます。
こりゃ、夏休みの自由研究コンクールで最優秀賞をいただけるかも…。
結論は…ピンホールカメラは工夫次第で色々と遊べるカメラという事…これまた、ミカさんらしい結論。

カメラで遊んだ結果もお待ちしてま~す。

投稿: SAKURA | 2009年9月12日 (土) 01時54分

それなりの意味があっての「小さい穴」なんですね。
場合によってはとんでもないカメラが作れちゃったりして?
私も乱視が入っているけどそこまで重なっては見えないですね
そこまでいくと眼鏡なしだと気分が悪くなりそうですね

投稿: mini | 2009年9月12日 (土) 14時12分

>SAKURAさん
そんな素敵な賞を誰かくれないかしら♪
昔は瓶の王冠をひっくり返して並べて「健康マット」とか
缶の上下をくっつけて小さくして「貯金箱」とか
アホな作品ばっかり作ってたなぁ
ああ・・・小学生に戻りたい(笑)
 
>miniさん
変わったカメラも作れるように材料だけは調達してきましたよ。
(缶ビールとか)
私は乱視だけなんだけどほんと悪くて
昼コンタクト夜メガネ生活ですよ。
何もしてないとちょうどあの写真みたいに・・・ウェェ

投稿: ミカ | 2009年9月12日 (土) 23時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由研究 5:

« 自由研究 4 | トップページ | 自由研究 6 »