« また! | トップページ | コラボ茶器 »

ミニミニロータス

今日は手荒れがひどくて指先がパックリ割れちゃって痛いので粘土以外のものを作りましたよ。

20090310_1
ワイヤーに色を塗って先に粘土をすりおろしたものをチョイっとくっつけます。白いところは緑に塗ったほうがいいと思います。

20090310_2
適当にグラデーションをかけたトレーシングペーパーを彫刻刀とかで切り抜きます。

20090310_3
丸い物をぐりぐりと押しつけて適当にカールさせます。そんなにキレイじゃなくても大丈夫です。手のひらに乗せるとやりやすいです。

20090310_4
最初に作っておいたワイヤーのまわりに適当につけていきます。深く考えないほうがいいです。

20090310_5
はい、こんな感じで蓮の花が咲きました。

牡丹じゃないぞ。

20090310_6
大きさはこのくらいです。ちっちゃ~heart04

もうちょっと手を加えて使おうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

|

« また! | トップページ | コラボ茶器 »

コメント

大事な大事な指先なのに…
粘土は荒れますね。特に削る作業は…。
私は例の爪の効果で今年は今のところ順調に来ています…ただしかかとがパックリいきましたが…。
かかとで粘土はこねないから、大丈夫!!

最初は『桜?』と思いましたが、
『おおっ、蓮っ!!』

すごいすごい…
すごくて、ちっちゃい。
それでもって…きれい。
やっぱり中華には蓮ですね。
参りました。
私なんてカトレアと胡蝶ランしか浮かんでこなかったし…。

投稿: SAKURA | 2009年3月11日 (水) 01時07分

指パクッリとは痛そうですねぇ。
今は瞬間接着剤みたいな液体絆創膏があるんですよね。
しっかしちっちゃくてかわいいですねぇ。
水に浮かべてみたいです。

投稿: ちとはる | 2009年3月11日 (水) 01時26分

>SAKURAさん
石粉粘土ってほんと手荒れしますよね(´;ω;`)
仕事も手の水分奪われるような仕事だから
毎年この時期になると次から次へと
パックリするから痛くて泣けます・・・
 
SAKURAさんみたいにいろんな花は作れないけど
(そもそも花を作るなんてガラでもない)
この蓮は造花のつもりで作ったんですよ。
たまには粘土を触らないっていうのも
いい考えが浮かんでいいものですね。
 
>ちとはるさん
そうなんです!
水(レジン)に浮かべようと思ってます。
 
水絆創膏はたぶん応急処置用?みたいなもので
傷口を直すっていうよりもその場限りで
フタをしておくようなものなんです。
しかも塗ったら・・・
すごーく、すごーく痛いんです!!!

投稿: ミカ | 2009年3月11日 (水) 23時36分

蓮ってロータスって言うんですか~。知りませんでした。私も最初、桜かな?って一瞬思いました。そろそろ桜の季節だし、お花見をテーマにしたものとか作りたい気分になりました。
トレーシングペーパーってお花の花びらに使えますね~。ああ、でも私トレーシングペーパーってものを持っていないです~。
そうそう、いつもミカさん私のところに
ちょくちょく来て頂いているので、お友達リンク
にリンク入れさせてもらってもいいですか~?

投稿: けい茶 | 2009年3月12日 (木) 20時28分

紙からお花を作ってしまうなんて!
とってもかわいらしい蓮です!!
それに色がとてもきれいです!!
ステキなレイアウトになりそうですね!!

投稿: YOYO | 2009年3月12日 (木) 23時10分

>けい茶さん
「ミニミニロータス」なんて
車か何かの名前みたいですよね(笑)
ちなみに私は2年前まで旧ミニに乗ってました。
車もちっちゃいのが好きなんです。
そろそろ花の似合う季節になってきましたねtulip
トレーシングペーパーが活躍するのかな?
もう少し伸縮性のある紙だといろんな花が作れそうですね。
何かいい紙を発見したら教えてください!
 
リンク嬉しいです!ありがとうございます!!
私もリンクしますね。
忘れてたらしつこく言ってください。
 
>YOYOさん
最初は粘土で作るつもりだったけど
あまりの小ささにイラ~~~っとなって
紙で作ることになりました。
もう、ペーパークラフトの域です・・・(笑)

投稿: ミカ | 2009年3月12日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138224/44308765

この記事へのトラックバック一覧です: ミニミニロータス:

« また! | トップページ | コラボ茶器 »