« 使えるミニチュア | トップページ | 豆メモのつくりかた »

泣ける本

絵本ができました。
20081002_1
「ヤドカリくんのおんがえし」
ちょっとタイトルがズレちゃいました。青いほうが和紙で白いのは布製です。和紙のほうがきれいに作れます。うん、ちゃんと本になってます。

裏もちょっとズレちゃったけど・・・
20081002_2
表紙の厚みとか考えてもっと改良したいです。
(えーまだ作るの?)

はい

作りますよ。

だってこの本

・・・










すごく泣けるんです









そして笑えるんです









ほらね
20081002_3
ページが上下逆についてるーーーーー!
しかも両方ともーーーーーー!
しかも写真に収めてて気がついたーーー!
「ズレちゃった」とか
そういう次元を通り越したーーーー!

あたしのバカバカー。゜゜(´□`。)°゜。

私って『旅行に出かけた帰り道、あと一歩で家に着く所で事故を起こすタイプの人?』

最後の最後で確認を怠る人?

  

あまりにもショックだったので載せるのやめようと思ったんですけど
まあ、正しい失敗例として。

 

波に乗り遅れないように
20081002_4_2
巷で噂のケーキ作りcake
どうにかスポンジを焼かずに作れないものかと思って試しにやってみました。んーもうちょっとキメ細かくないとだめですね。しかも切ったらボロボロ崩れそう。

        

次はうまくいきますように・・・ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ

|

« 使えるミニチュア | トップページ | 豆メモのつくりかた »

コメント

cryingこの本、泣けますっ!!
ものすご~く、泣けます。
泣かずにはいられませんっ!!
撮影の時に気付くとは…
それまでの苦労と浪費した時間…泣かずして何とする…といった感じです!!

布製は難しそうですが、こちらの方がなんとなく高級感漂う感じがします。
そして温かみも…。
私は布製に1票!!

焼かずにスポンジ生地が作れる?!
是非成功させて教えてください!!
それまでスポンジは封印しておこうかしら…。
ああ、人さまのお知恵を拝借しないとまともに作れない自分が情けない…。

投稿: SAKURA | 2008年10月 3日 (金) 00時17分

最初はすごーく綺麗な本だなーって感動でしたが
この本泣けます!!!
まさかこんなオチがあったなんて、さすがミカさん!
全米が震撼shock

このスポンジフワフワですごいじゃないですか!!
でももろいのかな??
これで強度があったら最高ですよ!

投稿: mini | 2008年10月 3日 (金) 07時31分

>SAKURAさん
涙で文字が読めませんcrying
最初は布製のほうだけだと思ってたんですよ。
和紙のほうは失敗してないからいいやと。
それがまさか両方失敗してるだなんて(笑)
布製はもうちょっと薄い布を使えばきれいにできるかな。
 
人様の技を盗むのもテクニックですよ。
私もSAKURAさんやminiさんに
相当世話になってますからね(゚∀゚)
 
>miniさん
オチなしでは語れない性格だし
本当に心から泣ける本ができたわけだし
めでたしめでたしshock
 
スポンジ上手に作ればボロボロ崩れないんだろうけど
ゆうべ作ったケーキを切ってみて
成功してたら作り方アップですね(*^^)b

投稿: ミカ | 2008年10月 3日 (金) 08時03分

逆さも案外
芸術かも
いいんじゃないのかな?

遊びました
って。
でも
すごいいい本ですね。
これ
おいくら?

投稿: osm | 2008年10月 3日 (金) 18時44分

>osmさん
わざと逆にしたのならいいんですけどね。
芸術の秋だしmaple
これはこれである意味作品でしょうか(笑)
この本はプライスレスでございます。

投稿: ミカ | 2008年10月 3日 (金) 23時46分

なるほど
プライスレスですか。

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

投稿: osm | 2008年10月 4日 (土) 18時04分

お値段をつけるなら
材料費よりもかかった労力ですよね!
 
んーどんだけかなっmoneybagmoneybagmoneybag
 
やっぱりプライスレス(笑)

投稿: ミカ | 2008年10月 4日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138224/42662992

この記事へのトラックバック一覧です: 泣ける本:

« 使えるミニチュア | トップページ | 豆メモのつくりかた »